うつ病の原因や症状について詳しく勉強しましょう

高い自殺率

スーツの人

うつ病患者の自殺率は非常に高いと言われています。自殺率が高くなってしまう原因として考えられることが、自分に否定的な思考になってしまうからです。自分には価値のない人間なので、この世から消えてしまおうと思うようになります。患者の自殺率は15パーセントから25パーセント程と非常に高い数値を記録しているのです。WHOが調査した所によると、世界中で自殺した人の30パーセントが気分障害を患っていたとしています。国内では、自殺した人の60パーセントが気分障害を患っていたとされているのです。とても高い数値と言えるでしょう。さらに、気分障害を患い自殺した方の70パーセントから80パーセントの方が専門の医療機関での治療を受けていなかったと言われています。精神疾患は放置しておけば治る病気ではないのです。また、外国では自殺を考えるかどうかが、病気の診断基準とされている場合もあります。うつ病が原因で自殺をしてしまう可能性が高いからです。つまり、自殺はこの病気の症状として考えることができます。一般的にこの病気を患うと、焦燥感や不安感などを抱くことが多いでしょう。うつ病は一生治らないのではないかと思い込むことがあるのです。また、病気によって周囲に迷惑をかけてしまうと考えることもあります。自分に絶望し、結果として自殺を決行してしまうのです。それが原因で自殺率が高くなってしまうとされています。また、この病気の症状として、判断力や思考力の低下が挙げられるでしょう。判断力や思考力が低下することで、短絡的に自殺に踏み切ってしまうのです。それほど深く考えずに、行動を起こしてしまいます。判断力や思考力の低下は脳の機能が低下することに由来しているのです。ストレスが原因で、情報伝達物質が減少してしまいます。セロトニンが減少することで、イライラしやすくなるでしょう。ストレスに対する耐性もなくなり、攻撃性や暴力性が高くなってしまうのです。この攻撃性や暴力性が自分に向いてしまうと、自傷行為や自殺といった行動を引き起こしてしまいます。また、場合によってはSSRIがセロトニンの量を増やすことで脳の働きが活発になりすぎてしまう場合があるのです。脳がバランスを失ってしまい、結果的に自殺のリスクを高めてしまいます。薬物治療には細心の注意が必要なのです。また、うつ病は自殺を引き起こしてしまう病気であることをしっかりと認識することも大切でしょう。

To Top