うつ病の原因や症状について詳しく勉強しましょう

セルフチェック

手と男性

うつ病を自分でセルフチェックすることで、病気の早期発見や予防に役立ちます。この病気は、症状を自覚することが難しい病気として知られているのです。体調が悪い原因が分からずに変だと思ったらセルフチェックをしてみましょう。インターネットで簡単に行えるので、とても便利です。症状が出ているのに、気のせいだと思い込んで放置してしまう方も多いと言われています。放置してしまうことが原因で、症状は悪化していくのです。定期的に自分でセルフチェックし、うつ病の可能性があるなら専門の医師に相談してみましょう。そうすることで、病気の早期発見や予防をすることができるのです。まず、心の変化としては特に原因もないのに気持ちが落ち込んだり、趣味や仕事に対する興味関心がなくなっていきます。何にも喜びを感じることができなくなってくるのです。日常生活にも支障をきたすことが多くなってくるでしょう。また、身体的な症状も現れます。睡眠障害や食欲不振、疲労感や倦怠感などが続くことがあるでしょう。頭痛や肩こりも現れます。特に、疲労感や倦怠感は休養を十分に取っているにも関わらず、解消することができません。また、ストレスが原因とされている病気なので、ストレスが溜まっている方は注意しましょう。セルフチェックは一般的に全部で20問程の質問に答えていきます。大体2分から5分程度でチェックできるでしょう。あまり深く考えずに質問に答えていくことが大切です。基準となるのはDSM-Ⅳが多いでしょう。診断をすることで、うつ病の可能性があるかどうかが分かります。基本的に上記で紹介したような症状が、日常生活で2週間以上ほぼ全ての行動に伴う場合は病気の可能性が高いと判断されるのです。ただ、病気であると確定するものではないので、勘違いしないようにしましょう。うつ病かどうかを判断するのは専門の医師です。最近では、セルフチェックをすることで自分は病気であると勘違いする方もいます。実際に医師が診断した所、病気ではなかったというケースも増えてきているのです。セルフチェックは参考程度にとどめておきましょう。最終的には専門の医師に診断してもらうのが最適です。

To Top