うつ病の原因や症状について詳しく勉強しましょう

良質な睡眠

聴診器とハート

うつ病が再発する原因は、不規則な生活習慣にあると考えられています。生活習慣が乱れることで、ストレスが溜まるのです。この病気の主な原因はストレスだと言われています。ストレスを溜めないためにも、生活習慣を改善してみましょう。睡眠にも気を使う必要があります。うつ病を予防する場合、単純に睡眠時間を長く取れば良いというものではないのです。良質な睡眠を取ることが重要でしょう。一般的に不眠だけではなく、目が覚めやすいとストレスが溜まってしまいます。夜中や早朝に目が覚めてしまうと、苛々しやすくなるのです。また、再び入眠するのに時間がかかり、結局良質な睡眠を取れなくなってしまうでしょう。睡眠不足に陥ると、脳が十分に休息を取ることができなくなってしまうのです。脳が疲弊してしまうとストレスを感じやすくなってしまいます。睡眠不足によって脳が疲弊し、それが原因でうつ病が再発してしまうのです。1日の理想的な睡眠時間は6時間から7時間程と言われています。また、単純に6時間から7時間程寝るのではなく、しっかりと休めているかが重要でしょう。睡眠不足は良くないのですが、睡眠時間にだけこだわるのも問題です。たっぷりと睡眠を取らなければいけないという強迫観念を持ってしまうと、余計に眠れなくなってしまうでしょう。どうしても入眠に時間がかかる方は、睡眠導入剤の服用も考えてみましょう。医師と相談して睡眠導入剤を服用することで、質の良い睡眠を取ることができるようになります。一般的にある程度、自然に入眠できるようになるまで睡眠導入剤などを服用するようにしましょう。ただ、いつかは睡眠導入剤を卒業するつもりで服用するのがポイントです。睡眠導入剤に頼り切りになると、自分の力で入眠することが難しくなるでしょう。時折、睡眠導入剤や抗うつ剤を服用している事をかえって自慢する方もいますが、そのような態度ではうつ病を再発させてしまう可能性が高いのです。病気になっている自分に酔うのは直ちに止めましょう。迷惑をするのは周囲でサポートしている人間なのです。病気に対する認識が甘いと言わざるをえません。また、うつ病が原因で睡眠時間が長くなってしまう場合もあります。この場合は、1日に10時間以上の睡眠を取っているにも関わらず、眠気が取れなくなるのです。光照射療法などで治療することができるでしょう。生活リズムを整えることに集中しましょう。

To Top