うつ病の原因や症状について詳しく勉強しましょう

ストレスの種類

医師と患者

うつ病の原因として挙げられているのが、ストレスです。基本的にストレスにはいくつかの種類があるので覚えておきましょう。ストレスを軽減することで、この病気を予防することができます。まず、社会的ストレスとは、学校や会社などでの人間関係や対人関係によって生じるストレスです。基本的に仕事や勉強に対する他人からの期待や重圧などをストレスに感じます。社会的ストレスについては、真面目で責任感が強く、几帳面な方が感じやすいでしょう。このような真面目で責任感の強い方がうつ病になることで、周囲の人間を驚かせてしまうことも多いのです。一般的に真面目な方は、ストレスを自分一人で抱え込んでしまう傾向にあります。社会的ストレスが溜まっていても、誰にも相談することなく溜め込んでしまうのです。そうすることで、心に負担がかかります。結果的に病気を発症させてしまうのです。また、社会的ストレスは思考パターンを変えることで軽減できると言われています。次に心理的ストレスですが、自信の喪失などによって心や感情が変化することで生じるストレスです。仕事や勉強での挫折や将来に対しての不安、親しい人間との別れなどの喪失体験が原因で心理的ストレスを感じることもあるでしょう。さらに、感情を抑制してしまうと、心理的ストレスを感じることが多いと言われています。特に社会人ともなると、怒りや悲しみなどといった感情を表に出すことが難しくなってくるでしょう。感情を抑制する時間が増えてくると、身体も緊張した状態が続きます。緊張した状態が続くと、頭痛や肩こりといった症状が出てくるでしょう。身体的な症状が現れることによって、余計にストレスを感じてしまうのです。身の周りに感情を解放できる場所や人間がいない場合は、カウンセラーなどに相談すると良いでしょう。また、身の周りの環境が変化することが原因でストレスを感じることもあります。これは、環境的ストレスと言われており、転勤や転校、結婚などが原因となるでしょう。女性の場合は、出産をきっかけにうつ病になる場合もあります。今までの生活環境が大きく変化してしまうことが原因で、心が変化に対応できなくなるのです。一般的に環境が変化することを好意的に捉えようとしてしまう方が多いと言われています。無理に受け入れようとしてしまうと、強いストレスが生じてしまうでしょう。環境の変化に戸惑っていることを受け入れるのが大切になるのです。うつ病はストレスを放置してしまうと症状が悪化してしまいます。ストレスへの対策を考えなければならないでしょう。

To Top