うつ病の原因や症状について詳しく勉強しましょう

治療の流れ

花

精神疾患の治療には、とても長い時間が必要です。特にうつ病治療は長期間に及ぶでしょう。治療が長期間に及ぶ原因は、再発率の高さです。しっかりと治療しておかないと、すぐに病気を再発させてしまいます。治療は三段階に分かれて行なわれるでしょう。急性期と回復期、再発予防期です。万が一に備えて、治療の流れを覚えておきましょう。まず、急性期ですが、薬物治療と休養、カウンセリングの3つを組み合わせて行ないます。病気の原因であるストレスと切り離すため、会社や学校は完全に休む必要があるでしょう。基本的に長期間の休暇が必要になります。無理なくゆっくりと休むようにしましょう。また、重度のうつ病患者は即入院が必要になります。隔離された施設で治療に専念するのです。薬物治療に用いられる抗うつ剤は副作用が出やすいとされています。効果を実感するまでに、副作用のほうが強く出てしまうことがあるでしょう。薬物治療は効果が出るまで、時間をかけて行なわれます。カウンセリングは、基本的に思考パターンを変えるために行なわれるでしょう。病気になりやすい思考パターンがあるので、病気になりにくい思考パターンに変えていくのです。このような治療を施すことで、症状が段々落ち着いてきます。イライラや不安も薄れ、疲労感や倦怠感も和らぐでしょう。不眠や食欲不振も改善されてきます。日常生活や仕事、趣味に対する興味や関心も出てくるでしょう。回復期は症状の改善と悪化を繰り返しながら、状態を安定させていきます。症状が改善した時に病気が治ったと勘違いしてしまうことが多いので注意しましょう。勝手に治療を中断する患者も多いのです。ですが、それが原因で再び症状が悪化し、一からうつ病治療をやり直す羽目になります。治療を中断しても良いかどうかは、医師が判断するのです。まずは、相談してみましょう。回復期は段々状態が安定してくるので、行動力も出てきます。突発的に行動を起こすことも多いので気を付けましょう。特に、希死念慮が現れると危険です。周囲の方がしっかりとサポートしてあげましょう。再発予防期には入っても薬物治療を続けます。一般的に状態が安定してから1年から2年程薬物治療を続けるでしょう。うつ病は再発し易い病気なので、病気の原因であるストレスを溜めないように気を付けます。

To Top